mabooの日記

政治の話。あほな話。ふるさと佐世保のこと。とか、いろいろ書いてます。

カズオ・イシグロ 「忘れられた巨人」 レビュー

カズオイシグロノーベル文学賞受賞ということを受けてですね、

最新作「忘れられた巨人」についてまとめておきたかったので書いておこう。

最新作といっても出版されたのは2015年で、自分が読んだのは1年前。イシグロさんは寡作なので、数年に一度しか新作は出さない小説家なのです。

 

いきなりネタバレです。

この物語の舞台はイギリスの中世期。アーサー王のあとの時代。

アーサー王は英国の伝説的な王様なのですが、ホントに実在したかどうかなのかもよくわからない、らしいです。

彼が生きた時代に争っていたブリトン人とサクソン人の戦いの最中、サクソン人のアーサー王ブリトン人を激しい争いの末に撃退して英雄になったという伝説がイギリスにはあるそうです。

 

それでこの物語はそのアーサー王が亡くなった次の世代にその舞台が置かれています。

 

その世界には常に霧がかかっている。その霧は山の上に眠る竜が吐く息のせいで、その世界に住む人々は一日前だったり、ほんの一時間前の出来事の記憶さえもなぜか失ってしまう状態で生活をしています。

記憶がなくなってしまうのは、たちこめる竜の吐く息のせいだと人々たちは気づきはじめます。それで、その竜を殺してしまう派と、殺さない派の間に対立が生まれます。

竜を生かしておく派は忌まわしい過去の記憶のせいで争うことになるから、そんなものは必要がない”という主張で、

竜を殺したい派は過去の素敵な出来事、一緒に生活をする妻との愛し合った日々などの記憶をなくすことにとても耐えられない。という考えをもっています。

両者の主張は相容れず、戦いにまで発展してしまう。

主人公の老夫婦は竜を殺したい派。つまり記憶を留めておきたい派です。

さらにネタバレになるのでこれ以降は書かないでおきます。

 

記憶を忘れるのか、それとも忘れないでおくのか。

ということはいまボクらが住む世界のなかにも通じる重要なファクターとなるのがこの物語の凄み。

 

イシグロさんはこの作品の解説の中で、こういうことを語っています。

 

第二次大戦期のフランスの国土のほとんどはナチスドイツに占領されていて、フランス国内の人々は残酷なナチス党員を恐れて、ユダヤ系フランス人を見つけ出しては彼らに引き渡していた。大都市から小さな村々に至るまで密告は横行し、ナチスに荷担するフランス人が国中にいた。

しかし、戦争がおわりフランスが戦勝国となったあと、その忌まわしい記憶を留めておくと国が立ちゆかない状況になってしまうので、当時のドゴール大統領は、そんな事実はなかった。フランス人の多くはナチスに対し各地でレジスタンスとして勇気を持って果敢に戦った。

という風に、別の物語を作ってその記憶を忘れさせ、事実とは違う記憶を埋め込もうとして、あの忌まわしい戦争の記憶を封じ込めた。

コレはホントの話。

 

こういったケースは、南アフリカアパルトヘイトやアフリカの南スーダンや、今も内戦中にあるシリアにも当てはまる。

日本でいうと過去に中国や韓国の主権を侵してしまい、たくさんの犠牲者を出してしまった恐ろしい記憶。

今もなお、過去の記憶のせいで中韓との不協和音が現代に至るまで絶えることがない。

 

そういった厄災を招いてしまう記憶。これは忘れてしまうべきなのか、憶えておくべきなのか、をこの物語の中では読者に問うています。

そういうお話なんですよね。すごく深いです。

 

イシグロさんは小説家なので、ノンフィクション作家ではないので、いつの時代に誰が何をということではなく、実在しない人物があったかどうかもわからない時代を生きる話のなかで、ボクやこの世界に生きる現実の人々と共有できる普遍的なテーマについて語っていく。

事実でない分、逆にリアルさを感じてしまう凄みがイシグロさんの作品には見られます。

 

イシグロさん。やっぱりすごいです。

こういう、人々の誰もが理解をし、共有できるテーマを“喩”を用いて描き出す作家なんですよね。

喩とは比喩のことで、何かの大きなテーマを架空の舞台や人物、設定に置き換えて喩える手法です。

そのあたりが評価されて今回のノーベル文学賞に輝いたわけですが、是非読んだことのない人は、読んでみてほしいものです。

 

比喩が得意な作家。

 

他の作品もそうです。“日の名残り”“、”私を離さないで“といった他の作品にも「喩」が使われています。

たこれはそれぞれに別の喩が用いられているのですが。。

そこまでの普遍的な物語を紡ぎ出す作家は、今の日本には村上春樹以外にはいないように思っています。素晴らしい技術をもった作家がいることは認めますが、やはり狭くて浅いんですよね。せまい範囲で完結してしまうから世界中の読者には響かない。また、共有されない。

国内ではソコソコなのでしょうが。そんな作家しか生まれない理由は、作家個人の内側にある国家観や歴史観が欠如しているのかもしれないな、なんて思うことがあります。

 

あと、

村上春樹がなかなかノーベル賞を獲れないでいますね。

ボクもまあまあなハルキストなのですが、彼とイシグロさんの違いについていろいろ思うことはあります。

はっきりとその違いを示すことは、まだできないのですが、なんとなく掴みかけてはいるようです。

人間の姿をした悪魔

このニュース聞いた時、思い出した過去の出来事がありました。

何年前なのかも、場所も思い出せない。
ラッシュ時に電車の乗り換えを急いで人混みをかけ分けながら早歩きしてたら、前を歩く男性の足にちょっと自分のつま先が当たったんですよね。
「すみません」とぼくは言って先を急ごうと歩き出そうとすると、自分のふくらはぎあたりを思いっきり蹴られました。

ビックリしました。え?って感じです。

そのままぼくはその男性に立ち向かって行くわけでもなく急いで立ち去りました。
でもあの時「なんだこのやろ!」とか言って向かって行ったらどうなってたかわからない。
もっと蹴られたのかもしれないし、殴られたのかも知れないし、刃物なんか持ってたら刺されたのかもしれない。

その人は普段から怒りっぽいのかどうなのかわからないのですが、人間ってふとしたつまらない事に普段は隠れてる、強力で想像を絶する悪意が呼び覚まされたりする。
ことがあるように思うんですよね。
人間ってやつは。

なんでしょうね、特にこの犯人を弁護する気持ちは全くないのですが、昨日見た犯人のインタビューを聞いてたら強面だけど普段はそうではないんだろうな、こんな感じの兄ちゃんたまにおるし、。ってふと思いました。

そんな悪魔的な怒りに侵された人間には近づかない方がいい、逃げた方がいいってその時は直感的に感じたのでそうしたのですが、それは多分正解だったように思います。

あれは人間なんかではなく、恐ろしい悪魔なのですから。。

 

http://huffp.st/o5AyBQn

今日の出来事

あいロードを歩いてたら、人だかり。何かの撮影の様子。その中心には見たことのある俳優さん。三浦春馬。なんか普通だなあ。足短いなあ。となりに女優らしき人もいたけど誰なのかわからなかった。

いつものコースを走ってたら千駄ヶ谷の駅前で能面みたいな顔をしたおばさんが近づいてきて“あのう、千駄ヶ谷の駅はどこですか?”って若干併走しながら聞いてくるので、ぼくも若干ペースを上げながら“そこですよ。。”って答えてあげました。

手にはスマホを持ってるのになんやろね、見渡せばすぐに見つかるのにね。。

中野の大戸屋で“さんま2尾定食”を食べました。サンマ大好きなんですよね。サンマというか魚全般が好きです。肉より魚が3:7くらいで好きです。魚がおいしい土地に育ったものですから、、。それで今年二回目のサンマなのですが、ウワサの通り痩せてて骨も太くて65点くらいでした。いつもは100点なのですが。来年はどうかなあ。おいしいサンマが食べたいな。

丸の内通りのベンチに座って本を読んだり、東京駅の周りを歩いたりしました。久しぶりに行ったけど、あの辺りの雰囲気が好きです。特にこの季節の夕方はどこか親しげな空気。

デパートの紳士服売り場。
秋冬物のシャツを探しててなかなか見つからなかったのですが、出会っちゃいましたね。すごく肌触りのイイ紺色の長袖シャツ。

この前行った広島小旅行で買えなかったお土産を広島のアンテナショップに行って探したけど見つからなかった。。やっぱりそのときに買わないとダメなんだな。。

東京駅の地下道を歩いてたら辺真一さんとすれ違った。北朝鮮のニュースが報じられると登場する辺真一さん。忙しそうに早歩きで去って行きました。。

そんな1日。

オモシロくなくてすみません。今日の記録。

f:id:maboo828jp:20171010011527j:image

f:id:maboo828jp:20171010011554j:image

f:id:maboo828jp:20171010011606j:image

 

 

そんないちにち

今日は朝から12キロ走って、映画の日だったのでちょっと観たかった作品をみたのだけど全然ハマらなかった。お金払って観るからにはハズしたくはないので色々調べる方なのだけど久々にはずしたね(*_*)
小田急で食べたスープカレー。なんかイマイチでこれもハズレ。でもその店に入ったらほとんどの客が100キロ超級の太った人ばかりで笑えたね。最近やたらと太った人を見かけるんだけど気のせいやろか、少しは運動した方がいいのにな(*_*)
電車乗ろうとしたら駅前で山本太郎が演説してた。ちょっと聞いてみた。喋りがびっくりするほどうまい。政治家よりうまい。もちろん政治家なのだけど、でもやっぱり好きにはなれないメロリンキュー(*_*)

家に帰って年に一度のキングオブコントの録画をみました。
ここ数年で一番おもしろかった。
笑いが新しい時代に展開してる感じがあってワクワクしました。
安定の「かまいたち
さらば青春の光」あの設定良く思いついたよな。素晴らしい。嫌いな方だったけど一気に好きになった。
にゃんこスター」笑いって何?って考えさせられた。スーパー3助。佐工卒って(*_*)
アンガールズ」いい位置にいますねー、。
ここに至るまでの苦労を思うと泣けてくる。みんなすごいよな。努力してるな。闘ってるんだな。

そんな一日です。

f:id:maboo828jp:20171004211529j:imagef:id:maboo828jp:20171004211537j:imagef:id:maboo828jp:20171004211549j:imagef:id:maboo828jp:20171004211601j:image

「ダンケルク」レビュー

これまでフィクションしか描いてこなかった、クリストファー・ノーランが初めて描く戦争映画。というか彼が事実を描くこと自体が初めてだったとは、言われてみればそうなんですね。ジャンル的にオカルト、ファンタジー、ヒーローものに限定されていたことに改めて気づかされます。

第二次大戦の始めあたり、英仏蘭の連合国軍が劣勢の戦況のなか、フランスのダンケルク海岸に追い詰められた40万人の兵士たちが軍用船、民間船でイギリスへと逃げ切ったという事実に基づいた脱出劇の物語。

市街地から海岸へと抜け、たどり着いた海岸から本国へ脱出しようとする若い英国陸軍兵士の1週間。イギリスからドーバー海峡を渡り、兵士たちの救援に向かうある民間の観覧船の1日。撤退する兵士を輸送する駆逐艦を上空から援護するイギリス空軍戦闘機パイロットの1時間。

この3つのエピソードを106分で描くという作品です。

冒頭からいきなり兵士が機関銃で打たれて死にそうになるシーンから始まり、耳を突き抜けるような銃声と空から降ってくる爆音で、観ている自分がそのままダンケルクの戦場へと放り出されたような恐怖に晒されます。

3つの物語が最後にひとつのシーンへと交錯していくという構成の妙はやはりこの監督のなせる技で、時間軸がバラバラなようだけど、ある一点に向かっていく幾つかの端緒を見つけるたびにハッとさせられました。

これまでのノーラン監督の作品はほぼ観ていて、ハズレがなかったので「ダンケルク」も必ず観に行こうと決めてました。しかもコレまでに描いたことのなかった事実を題材にした作品で、さらにそのジャンルが戦争映画だとは。

ノーラン監督はイギリスアメリカの両方の血を分けた人物で、映画監督としてあの大戦について自分なりの表現をしてみたかったのでしょう。

アメリカという国はあの大戦以降も、途切れることなく世界中で戦争をしている国。

例えば自分の家族や親戚や友人が戦争によってその命を脅かされるかも知れないという危機意識が無意識に意識されているという感覚が国民の中にあって、だからこんな映画をつくる監督が生まれてくるのだろうな、って思うんですよね。リアルに戦争(国民国家のリアリズム)に向き合ってるから過去と現在の戦争の検証を行うことを繰り返す素地があってそれを表現する監督と世界に発信する環境が整っている。

それに翻って日本映画というと。。恋愛、ファンタジー、オカルトものばかりで、劇中前の予告編を見てるとこの国は大丈夫なのかな。。って頭痛がしてくる。

それが平和だと言えるのかも知れないが、「核の傘」とかいうおかしな幻想にしがみついて、国防に関しては70年来放置し続けている日本政府の有様をみてるとやっぱりなんだろうなあって思ってしまうんですよね。。

国民国家のリアリズムは、ボクらの前の世代が経験した悲惨な戦争によって燃え尽くされてしまったのでしょうかね、。

 

しかし、スピットファイアVSメッサーシュミットの空中戦は格好良かったな〜。。

 

 

f:id:maboo828jp:20170917031030j:plain

 

 

グラチャンバレー がんばれ中田久美!ガンバレフェニックスジャパン!

危ないものでも食べてしまったのでしょうか。
食欲ゼロで強烈な腹痛に耐えながらOS1を飲みつつ、今日はスイカとバナナしか口に入れておりません。
 
プロ野球もサッカーも、スポーツはあまり見るほうではないのですが、ボクシング世界戦と全日本の女子バレーの試合だけはよく見る方です。
ユニフォームを着た長身の選手が、スピードに乗って向かってくるボールを両腕でしっかりと受け止め、上げられたトスにゆっくりと少し回り込みながら助走をつけて高い位置にまでジャンプをし、その全身と長くのびる腕をムチのようにしならせながら、矢のような鋭いスパイクを打つ瞬間。
あの一連の動きがとても美しい。
大型の水鳥が羽ばたく一瞬のような、空想上にしか登場しない空中を舞う戦士のような。鮮やかなあの動きは何度見ていても飽きることなく、見るたびに魅了されてしまう。
 
今回のブラジル、アメリカ、中国の世界トップクラスの代表チームとのグランドチャンピオンシップ三連戦。テレビで正座して観ておりました。(正座はウソです)
 
ブラジル戦は特に素晴らしかった。あの高さとパワーを兼ね備えたブラジルに2連勝って、スゴイ!
中田監督率いる全日本代表、期待しています。
 
なでしこ、さくら、フェアリーではなく、女子バレーはフェニックスジャパンという呼び方らしいですよ。
中田久美監督。イイですね〜。大好きです。
彼女が選手たちに与える影響力ってスゴいものがあるのでしょうね。選手のインタビューを聞いてたら「久美さんのために」という言葉が良く出てきます。それだけ尊敬される存在で、現役中も現在もバレーに対する思いは誰よりも強く、選手たちからしたらあこがれのヒロイン的な、神様みたいな存在なのでしょうか。
日本女子代表監督になって戻ってきてくれた。すごく注目しています。ここに至るまで、紆余曲折、苦難もあったといいます。
監督となって静かにコートに立つ姿はやっぱり絵になるし、選手が良いプレーをするとちょっと笑ったりすると自分もうれしくなる。
 
それと、
やはり彼女のあの“S”な感じがたまらなく、好きです。現役の頃からずっと見てましたが、試合中に大声で怒鳴ってる感じとか、たまらないんですよね。
久美さん「テメエこのやろ!」ってホントに言うらしいですよ。
イイなあ、オレも激しく怒られてみたいやね。。
厳しい言葉で自分の精神が犯されてしまうほどまで罵倒されてみたいという、異常な願望を抱いてしまう私はやはり変態なのでしょう。
 
いいなぁ、嗚呼。、おれも素子になりたい。。
 

金日成 金正日 金正恩

北朝鮮が核実験したってニュースが流れてます。それに対するアメリカや中国の反応が報じられてるのは周知の通りですが、
ロシアに関してはその報道がほとんどされていない。ような気がして、いろんなニュースを探してみても、あるにはあるのだがやっぱり数が少ない事に気づいた。

下にリンクを貼りました。池上さんもNHKも二つとも同じことを言ってるのだが、
北朝鮮建国の父 金日成は架空の人物で、旧ソビエト スターリンの命によって作られた指導者であるということ。

これまでの核実験の場所は中国との国境近くではあってもロシアとの国境近くでは一度もやった事がない。
黒幕はやっぱりそういう事なのでしょうか。

だとすると、旧植民地時代に横行していた超大国が小国の運命を翻弄するという悲劇が見えてくるようで、未だにあの忌まわしき歴史が続いているんだな。なんて考えてしまうんですよね。

ミサイルも核も拉致も、もちろん最悪ですが、
そうさせてしまった責任は周りの大国にもある訳で日本もそういった国の一つだと言ってしまうと怒る人もいるんやろうね。

https://youtu.be/RaRz7f9DXTc

https://youtu.be/5BKLFZxSy4Q