読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mabooの日記

エロい話 。政治の話。あほな話。ふるさと佐世保のこと。とか、いろいろ書いてます。

タイムマシン

タイムマシンに乗ったような気分やったとです。

今日は友だちのMが中学高校と好きだった女の子Jさんに会いに行くという現場に立ち会ったとです。

佐世保に帰るとMにはいつもあっていて、一緒に魚釣りに行ったり、のみに行ったりする仲なのですが、時々Jさんに会いたい会いたいって言ってることを ぼくは覚えていて、
好きだった。いや、今でも好きだ。。
高校卒業した後おれは彼女に告白したんだけどダメだったんだ。。
みたいな話や、どうでもいいような彼女との小さなエピソードをアホみたいな顔でぼくに何度も語り続けとったとです。

それで、昨日ぼくの大好きな幼なじみのまゆみちゃんがそのJさんと友達で、彼女が街に美容院を開いているという話と、Mの髪がボサボサに伸びていて散髪に行きたいって言った言葉に、ボクのオモシロセンスがピキンとまたひらめいちゃって、、

そうだ!まゆみちゃんに話を通してもらって、彼女の美容院へカットしにいくことにしよう、そうしよう。そうしよう。ということに相成りました。

美容院に行く前に早朝から魚釣りに行くことになっていて、沢山の新鮮な魚を土産にもって行くつもりだったのですが、
あいにく今日は不漁で、時間ギリギリまでねばってみたのですがやっぱりダメでした。。
釣ってるあいだ、ずっとMはソワソワしていて釣りに関する話の中に何の脈絡もなく突然ブチ込まれる、これまで二十回ほど聞かされた彼女との昔話を
何やらにやけながら語りだしたりして、ゆっくり竿を引いたりするのでした。

結局持っていけるような立派な魚は一匹も釣れず海を後にし、彼女の待つ美容院へと向かいました。

店の前に着くと相変わらずソワソワしていて、自分から中に入ろうとしないのでぼくが先にドアを開け、中に彼を招きいれるというおもしろい格好になりました。

「あら、どうも一お久しぶりです〜。」
彼女の弾むような明るい笑顔とその声がお店の中にひびきます。
「あ。ども、久しぶり。。です。」
Mは低い声でボソリとそう言いました。
ぼくも彼女との久しぶりの挨拶をすませ中に入ります。

ぼくも彼女とは小学生の時同じクラスだったりもして、とてもカワイイ子だったので印象が強く残っており、久しぶりに会った感じの様子がとてもなつかしく、やっぱりいまでもキレイだなあなんて思ってしまいました^ ^

今日は暑いですね。から始まり、現在の生活のことから小学生中学生だった過去の話へと会話が展開していき、ときどき笑いあったりします。でも、それはボクと彼女の間で交わされる会話のことで、Mは緊張しすぎてなかなかそこに入ってこようとしません。話を振ってあげても返しがイマイチで、いつものキレが全くないんですよねw

しばらくそんな状態が続くのですが徐々に、Mもその空気に慣れてきたようで、今までおれに過去20回ほど語っていた、とっておきの渾身のエピソードを彼女にぶつけてみました。

が、
全くおぼえてないようで、彼女。
「はぁ?」みたいな表情で記憶にない様子。なんですよね。

で、
またMもやめとけばいいのに別の思い出話を始めて、
またそれも
「え?」みたいな感じです。

結構、Mはダメージを受けたのかなと思いきや、
何だかそこで吹っ切れた様子で、少しずついつもの饒舌なペースを取り戻し、楽しげになんやらかんやら話し出していました。

イイですねえ、、
そのあったかい感じを少し離れた場所からみていると、ぼくもうれしくなってきてずっと近くでみていたかったのですが、
ここは二人きりにしてあげようとおもい、
店を出ました。。

男女の関係で、いつも思うんですけどね。。
女の人はサバサバしていて男っぽい。のですよね。
で、逆に
男は自意識過剰で、ネチネチ女々しくて、いつまでも子どもみたい。
なんですよ。
自分の経験の中でもそんな情けない話は山ほどあります。

今日の出来事はそれを象徴しているかのようで、客観的事実を目のあたりにして改めてそう思ってしまいましたよ。

まあMとJさんの間にこれ以上の展開はないと思われますが、
そこに大きな期待をよせるMのことが、とても愛おしいんですよね。

もういいおっさんなのですがね。
そう感じながら、

タイムマシンに乗って過去から現在へと戻ってきたような気分になったという
今日の日の出来事でしたw

iPodから送信f:id:maboo828jp:20170521234535j:image

甲子園、プロ野球選手、契約金五千万の夢。。

夏休み。小学校の運動場、夕日に頬を照らされながら「契約金五千万!契約金五千万!」って言いながら熱心に何度も何度もバットをスイングする少年がいました。
夢はプロ野球選手になることただひとつ。そして、その彼は幼馴染みのぼくの友達でした。
当時西武ライオンズに入団した清原の契約金が8千万円で、彼が敬愛する清原よりも遠慮して「五千万!」って言っていたのをなんか覚えているんですよね。

同級生で家も近所で同じソフトボールチームでプレイしていた仲のいい友達です。
中学も高校も迷わず野球部に入部して常にレギュラーだったそいつ。少し不器用ながら根性でボールに食らいついていくプレイスタイルは子供の頃から光るものがあった。勉強より、恋愛なんかよりも、それこそ命がけで、全身全霊で野球にかける清々しさ、懸命に白い球を追う姿を遠くから見ていました。

でも夢の甲子園に出場することは叶わず、卒業後は普通に大人になって、普通に働いている。そんな幼なじみの友達。
いつもバットを肩に担いでガニ股ぎみの早歩きで歩いてくる感じで。ではなく、今はもうオッサンなのでね。表情は当時のように目が大きくてなんか元気な印象は残しつつも、白髪混じりの短髪と運動不足で太った躰は戻らない時の流れとある種の哀愁を感じさせます。そんな自分も人のことは言えないが。。

昨日、ある一団と一緒に東京に旅行で遊びに来るというので久し振りに会いました。
そのある一団とぼくはとても親しい間柄なのでそこに混ぜてもらいました。
みんなで隅田川の屋形船に乗りメシ食いながらワイワイ楽しく飲んでました。その一団はみんなゴツいオッさんやにいちゃん連中なので酒量が半端ないです。でも屋形船はトイレに行くのが面倒なので、みんなそれでも抑えて飲んでた様子。
楽しい時間が過ぎ、船着場の晴海からタクシーで浅草のホテルまで移動する間に、ふとそいつが言うんですよね。

「東京ドームが見たい」って。
でも時刻は10時過ぎ、夜の。
もちろん開いてはないし、外からしか見れないというのだが、それでも見たい、どうしてもって言うから行きましたよ。夜の東京ドーム。

タクシー降りた瞬間からめっちゃテンション上がってましたね。なんか急に元気になってバットこそ持ってないけどガニ股の早歩きになる感じが子供の時のままでおもろかった。写真もたくさん撮ったりして。。うれしかったんやろうね〜。かなり。
東京ドームホテルには試合前に選手が泊まってるとか、後楽園飯店にはミスターが好きだったフカヒレスープがあるとか、、野球は全く詳しくないボクはテキトーなことを言うと目をキラキラさせながら聞いてくれました。

ーちゃんと中に入って見たかったね。、。
ーまあ、コレで十分さ。案内してくれてありがとう。。

ー来年のドラフト楽しみやね。
ーあぁ、うん、オレの名前呼ばれるかも知れんからね、毎年見とる、。

 

契約金五千万円。

 

f:id:maboo828jp:20170521233143j:imagef:id:maboo828jp:20170521233202j:image

連休最終日 中野竹の子族 

連休最後にコンバンワ、GWニコルです。

今日は竹の子族でしたね。
原宿ホコ天竹の子族沖田浩之もびっくり(°▽°)ってことで所沢へタケノコ狩りです

↓↓ヒロ君知ってる人も知らない人もリンクはこちら

https://youtu.be/VwRGsLy6Guc

タケノコの里のオヤジが、

「今年は不作でタケノコは一本もないから絶対に来るなよまじで、いやマジで!」ってダチョウ倶楽部の竜チャンばりに言うので、そう言われたら行くしかないですよね。

それで中野竹の子族総勢50人くらいの大人数で大挙して行ってしまいました。。

だってしょーがねーじゃん。何ヶ月も前から事前に計画してんだからさ。みんな楽しみにしてんだからさ。。

それでね、
現地に着いたらタケノコのオヤジ最初から怒ってる感じでしたね。

怒りを抑え、不機嫌ながらもタケノコは見るだけにしてくれという注意もあったのですが、よく探してみたら結構タケノコの頭が土から出てるんですよね。それでなんとなく、折角なのでちょっと掘ってもいいですかね〜なんて言いながら、みんな結構ゲットしてました。
タケノコオヤジ、最初は怒ってたけど子供たちもみんなも楽しそうに掘るもんで、その様子にほだされて終わりくらいにはなんかちょっと笑ってました(^。^)

そのあとは航空公園に場所を移してBBQです。今日は天気も良く涼しくてよかったです。
「あー、E気持ち〜♪」って感じでヒロ君も喜んでたかもね、かもね、SOかもねー♪


中野の楽しい人たちとの楽しいひと時、連休最後の1日を有意義に過ごせました。
みなさんありがとうございました。
また行きましょうね。今度はなに狩りしよ。。

そしてまた来年会いましょうね、
連休最後のGWニコルでした(^。^)

f:id:maboo828jp:20170509231752j:plain

f:id:maboo828jp:20170509231847j:plain

f:id:maboo828jp:20170509231921j:plain

Original of the Species

コンバンハ、GWニコルです。
連休もそろそろ終わりかけ、今日はみなさん何して過ごされましたか?

私は今日、浅草まで走りましたよ。
中野、高田馬場飯田橋、本郷、上野公園、西日暮里、浅草で約17キロ。途中寄り道したり、谷中銀座で猫アイス食べたり、道に迷いながら2時間ほどかけて、ゆっくりダラダラとしたペースで走りました。昼間だったので気温も高く、走るにはそろそろキビシイ季節になってきましたね。

浅草まで走ったあとは必ず天然温泉「蛇骨湯」に入ります。温泉が出る珍しい銭湯です。
スネーク・ボーン・バスで「蛇骨湯」です。

えぇ、えぇ、
蛇骨湯の入り口にアラブ人の二人組の兄ちゃんがいましてね、中に入りにくそうにしている様子。まあそうですよね、中東ではそんな銭湯文化なんてないですし。発券機の前でモジモジしてるので、ボクは彼らにチケットの買い方を教えてあげて、彼らの前を通って中に入ると彼らもなんとなくぼくに促されるように入ってくるのでした。
脱衣場で服を脱ぎ浴場に入ります。彼らも服を脱いでボクの後に続いて入ってくるんですよね。
ボクは最初に体を洗いたいので洗い場に座ってアタマを洗うのですが、彼らもボクの横に来てアタマを洗いだすんですよね、。。次に顔を洗うと彼らも顔を洗う、。。いやいや、銭湯の作法とかとくにないからね、自由なんだよ。って教えてあげたかったのですが、逐一オレの動きを見て真似して動いてるみたいな感じがあってね、
オレがチンコ洗ってるとそいつらもチンコ洗ってるようでした。そこまでくるとおもろいです。

おまえらAyaBambiかよ。。って言いそうになりましたね。

AyaBambiって知ってますか?このところ世界で注目されてるペアの日本人ダンスユニットで全く同じ動きをするカッコイイ二人組の女の子がいるんですよね。
リンクはこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=JgFKCuc3Cjs

それでね、
オレのマネせんと、オリジナルな動きせーよー、。ってなんとなく横を見たら
アラブの兄ちゃんのチンコがメチャでかかったのでビビりました。
なんやあれ、、あんなもん見たことないわ。。見間違えたのかな、、ってもう一度見たのですが、やはりエラいことになってましたね。。
そうですね、サイズにするとペットボトルくらいありましたね。
2リットル、
ウソです。500ミリくらいですかね。。マジですよ。それはそれは立派なもんでした。

通常時でそうだから、有事の際はどんなことになるんやろね、有事の際。。
その形がオリジナルすぎてビビりました。。おまえ十分オリジナルやわ、さっきはごめんなって言いそうになりましたね。
そのショックを胸に、そそくさとボクは蛇骨湯を後にして上野まで歩きました。ビール飲みながら、上野まで歩く間に黒ラベルのロング缶2本もあけました。アツいし、たくさん走ったんでそれくらいの水分はあっという間やね、、。

上野の国立科学館が本日のお目当てで、大英自然史博物展を見たかったんですよね。そのために走ってきました。

皆さんご存じ、ダーウィン先生の「種の起源」ですよ。その直筆の原稿が見れるというのでそのためだけに走って行きました。
チャールズ・ダーウィン。。
子供の頃から動物や昆虫好きのオタク少年。良家の医者の家庭に生まれるが、血を見るのがイヤで医者にもなれず、教会に入っても興味が無くて牧師にもなれず、散々挫折を味わったその後に、
たまたまイギリス海軍の測量船に乗る機会に恵まれ大海原に出ちゃいます。5年間の航海の後、帰ってきたダーウィンは見違えるほどの逞しい青年となって祖国イギリスに帰ってくるのでした。そのあと世界中で触れた動物たちの生態に着想を得て「種の起源」を発表するのですがが、、みたいなことです。

その後、
「神が万物を創造した」ではなく
自然淘汰により生物は進化する」という全く新しい理論を発表したダーウィン大先生。
人類にその解釈を広げてみると人種がどうのとかでなく、さらにおおざっぱに言うと人類みな兄弟。ってことをあの時代に言えたところに尊敬を止まないんですよね。そんなスゴい人が過去にいたんだな。ダーウィン先生ステキやね★
尊重すべきはオリジナル。人まねではなくてオリジナル。
しかしあのアラブの兄ちゃんのはかなりオリジナルやったね。。
なんて思いをはせつつ、上野を後にしたのでした。

もう寝よ、明日はなにしたろかね。。

f:id:maboo828jp:20170509233437j:plain

f:id:maboo828jp:20170509233459j:plain

f:id:maboo828jp:20170509233529j:plain

f:id:maboo828jp:20170509233551j:plain

 

おっさんとの休日

 

 

あ。ドオモ、GWニコルです。
今日はみなさん、いかがお過ごししましたか?

ええ、ええ、
ぼくは今日もGWを満喫しましたよ。
今日は埼玉の朝霞に住む同い年のおっさんとふたりで遊んでました。昨日の夜にちょっと飲みすぎて待ち合わせに遅刻したダメなぼくを優しく迎えてくれる、普段は強面なのですが、いつでもぼくにだけはやさしいおっさんです。

おっさんが運転する車に乗って埼玉県内をぐるぐるまわりながら、いろんな話をします。
同級生なのでね、話が合うんです。適度なリラックス。接しやすい感じ。
なんか、仲いいんですよね。。
ぼくがおもしろい事を言うといつも全力で笑ってくれます。3くらいで言ったのに、10くらいの笑いで返してくれます。10で言ったらもちろん10で返してくれるんですけどね。。
おっさんは今の会社になってからの友達なのですが、一緒にいて居心地がいい。なにも話さなくてもずっと一緒にいれるみたいな、そんな友達になんですよね。

それで、なんとなく
おっさんふたりで朝霞駐屯地に行きました。
戦車やヘリや装甲車なんかを見学しました。
そういうの見ると萌えますね。男の子ですからね。なんやろね、あのなんか興奮する感じ。戦車の車体をグーで叩いて、
「わー、めちゃ硬いなー!」
なんてふたりで言い合ったりします。

そのあとはスーパー銭湯に移動。
おっさん同士、裸のふれあいですよ。
今日はこどもの日なので菖蒲湯にも入ったし、サウナも満喫しました。昼間から入る風呂は気持ちいいっすね、見渡す限りおっさんだらけですけどね、。そのおっさんもぼくも風呂大好きなので銭湯へはよく一緒に行きます。
おっさんは銭湯に入ると、いつもいい感じの距離をとってくれますね。おっさん同士とはいえ、やっぱりちょっとした恥じらいもあるものでね、それを察してくれるんですよね。それもまたいいんですよねー。。ゆっくりお風呂につかった後、もうそろそろ上がろうかななんて思ってたら、そのおっさんどこからともなく現れて「そろそろ上がろうか」なんて言ってくれるんです。丁度良いタイミングで現れるのはなんやろね、。

 

そして今日のメインイベントはおっさん家での食事です。前の日に事前に今日はなにを食べたいか聞いてくれるんですよね。
ぼくは魚が食べたかったので、明日は魚で。。とだけ伝えました。

おっさんのきょうの料理、いつもよりも増してうまかったです。前菜の朧豆腐に枝豆をまぶしたのから始まって、シャケの炙り焼き、煮魚と大根、新玉ねぎのコンソメスープ、シメは梅干しスープのサッパリラーメンでした。
中でもシャケの炙り焼きは本当にうまくて、これどうやって作ったの?って聞いたら、前日からシャケを昆布で締めてたらしく、それをバーナーで炙ったのが香ばしくてうまかった。前日から用意してくれることにちょっと泣きそうになりましたね。
おっさんの料理の一つ一つがどれも丁寧に作られていて、ホントにうまくて、愛を感じましたね。。愛を。です。

どうですか?
気持ち悪いですか?
でもなんか笑えるでしょ?

そんなGW満喫な1日でしたね。

明日はなにしようかなー(^。^)

 

 

f:id:maboo828jp:20170509235412j:plain

f:id:maboo828jp:20170509235424j:plain

f:id:maboo828jp:20170509235211j:plain

GW前半 ミドリ みどり 緑

1年ぶりにコンニチワ。
GWニコルです。
昨日は朝から渋谷東急の肉フェスに行ました。ヨメと一緒に。ウチのヨメはデパートが大好きで、肉フェスをエサに今日も付き合わされましたね。トリュフ肉丼だの牛すじ煮込みだのを食ったのですが、なにしろ人が多すぎて料理がうまいのかまずいのかもよくわからん。値段もバカみたいに高いし、あの手のイベントは行くもんじゃないよな、なんてあらためて思いました。

その後南青山の「虎萬元」という中華料理店で土鍋牛肉麺食胃に行きました。これはうまかった!なんやこれ、四川風のそこそこ安くて辛い麺は食べたことはあるのですが今回のは本格的すぎてうまかった。前にテレビで見てずっと食べてみたかったのが念願叶い期待を裏切らないウマさでした。夜のメニューも見せてもらい面白いメニューがあったので、今度は夜に行ってみよーかね。

夜は学生の頃の友達と会ってすき焼きパーリーでした。料理が得意な友達ががんばってくれました。なつかしい話、むかしの写真。そういうの見ると楽しいけど感慨にふける感じがあるね。
でも楽しいね黄金週間。肉ばっか食うて酒ばっかり飲んでます。

それで、食い過ぎ飲み過ぎで、体にたまったカロリーを消費すべく、今日は朝から中野〜明治神宮青山霊園〜渋谷〜原宿まで15キロほど走りそこから電車で帰りました。

今日は涼しくて気持ちよかったね。
この季節はあちこちで緑が見られて、さわやかね。癒やされるね。
ミドリを見るとなんだかね、五月みどりや、木内みどりや、伊藤ミドリを思い出すね。いい名前よね。
でも最近の若い子でミドリっていう名前の子、いなくなったね、。
別にどうでもいいけど。。

明日はなにしようかね、。。

f:id:maboo828jp:20170510001138j:plain

f:id:maboo828jp:20170510001220j:plain

f:id:maboo828jp:20170510001246j:plain

天才伝説横山やすし 小林信彦



もう20年以上も前の話です。当時週刊文春に連載されていて、単行本は買わなかったけどこの連載が読みたくて週文春を毎週買って読んでました。
文春砲なんてない、週刊誌がホントに面白かった時代の連載もの。

テレビのバラエティ制作スタッフとして働いていた頃。
横山やすしが亡くなったその日に、ワイドショーの心霊特集ロケに出てたら、先輩のディレクターの携帯電話が鳴り、局のPから
横山やすしが亡くなったので、心霊ロケはボツ。今すぐに取材に行くように。。」
ということになり大阪箕面の閉鎖された幽霊病院にロケに行く予定が、摂津市にある横山やすしの自宅に向かうことになった。聞いた住所をたよりに現場を探すのだがなかなか見つからず、ようやく見つけたのがとても小さい家でびっくりした。。
かなり普通の家なんですよね。普通というかそれ以下のショボい家。関西の売れてる芸能人が住む高級住宅街といえば、箕面や宝塚、芦屋が挙げられるのだが摂津の駅から離れた河沿いにあるさびれた住宅地の一角にありました。
相方の西川きよしの自宅は関西では有名な豪邸で見に行ったこともあるのだが、それに比べたらなんともショボいこと。。

その彼らコンビの明暗がこの本には描かれています。面白いです。かなり。
破天荒っていろんなタイプがありますが、やっさんは別格ですね。破壊的、破滅的、悲劇的な一生。
それとは対照的な西川きよし。年下の猛獣使いは舞台に遅刻してくるやっさんを裏で本気で殴り飛ばして言うことを聞かせていた。まさに猛獣使い、。やっさんもキーボーのことは本気で恐れていたらしいが、抑制がきかずに何度となく問題起こすんですよね。
 それで舞台ではあんな燦めくような天才的な漫才をやるんだからすごいんだ。
 あの伝説の昭和の漫才コンビ。生き方も、多分死に方も極端にちがいすぎるけど、やっぱりボクはやっさんの刹那的な生き方に惚れてしまうんですよね。

https://www.amazon.co.jp/天才伝説-横山やすし-文春文庫-小林-信彦/dp/416725610X