mabooの日記

政治の話。あほな話。ふるさと佐世保のこと。とか、いろいろ書いてます。

ピンクレディがまだ歌ってるのはどういう事?

76年デビューでいきなり国民的大スターになってしまったピンクレディですが、当時はホントにスゴかったですよね。。テレビの時代なので、日本の西の果ての佐世保にもその衝撃は充分に伝わっていて、小学校低学年の記憶ながら、お正月には従姉妹のお姉ちゃんたちが“ペッパー警部”をノリノリのフリ付きで親戚の前で披露していたり、謎のピンクレディ自転車を乗り回す小学生や、文房具やバッグは全部ピンクレディグッズな同級生もいた事を記憶してます。

彼女たちが日本での人気に陰りを見せはじめたあたりの79年に、アメリカに渡って全米デビューを果たすのですが、事務所の権利関係やピンクレディという芸名そのものがアメリカでは共産主義の女性活動家とか、売春婦という意味を含んでいた事があって成功することはありませんでした。
なんで名前変えなかったんでしょうね。プロモーションのその時点で失敗してると思われ、彼女達の実力に不足はなかったと思います。
アメリカ向けに発表した“kiss in the dark”という曲が超カッコいいので下に貼ってます。

ピンクレディの二人って未だに芸能活動をしていて、ミーちゃんは地方の営業とかディナーショーやってるんですよね。それってなんだか切ない。。
本来ならば現役のアイドルを演出する大プロデューサーだったり、大手芸能事務所の女性社長とかの地位におさまって芸能界を裏から牛耳ってるというのが彼女たちの実績に見合った、順当なキャリアの踏み方なのだけれど、あの時のピンクレディのレコードのセールスや、ピンクレディ自転車や文房具その他のグッズといった物販で得た莫大な利益はどこに行ったんやろうね。。
未だに歌ってるお二人の姿をテレビで見たりするとなんか切ない。。

サザンオールスターズの“勝手にシンドバッド”という曲名は、沢田研二の“勝手にしやがれ”とピンクレディの“渚のシンドバッド”にあやかってつけられたって事もボクは知ってますねん。(*_*)

ありがとうスペースワールド❤︎

住んだことも、知り合いもいない、縁もゆかりもない北九州なのですが、そこには心のふるさと的な情感があるんですよね。
昨日まで福岡の博多と宗像市あたりを家族で小旅行をし、北九州のスペースワールド前の恐竜博物館にいきました。

自分の父親の友達に「北九州のおっちゃん」という人がいて、時々北九州から佐世保のウチまで遊びに来ることがありました。パンチパーマに冬場でも夏場でもアロハみたいな派手なシャツを着る出で立ちで、多分決まった仕事などははせず半分極道なおじさん。奥さんとも別れてボクと同じ年の娘さんとふたり暮らしだった。

ボク以外の他の兄弟の名前は覚えるのに、自分の名前だけをなぜか覚えてもらえず、ボウズと呼ばれていたところや、なんか色気があってカッコいいのに面白い話をする事が得意でいつもおっちゃんの話を聞いて笑わせてもらっていました。強面だけど面白くて愛すべきおっちゃんでした。
おっちゃんの娘さんもまたやんちゃな子で、言葉遣いや身振りがなんとなく大人びていて、鬼ごっこをして遊んでいた時、押入れに二人で隠れていたら
キンテキ!とか叫ばれて、自分の金たまを強く握られた淡い記憶があります。

そんなおじさんはボクが中学生くらいの時に亡くなったのですが、ヤクザの抗争なのか病気なのかなにが死因だったのかは未だにわからないけど、おっちゃんの葬式の夜に親父が家に帰って来て泣きながら「あいつはかわいそうなヤツだ、かわいそうだ、。」って、ひとりで酒を飲んでいた。
あの親父が泣くなんて後にも先にも見たことなかったので、彼の死が相当悔しくて悲しかった出来事だったんだろうな。。

そんな北九州のおっちゃん、、。

九州人なら誰もが知る、スペースワールドっていう、宇宙をテーマにした大型テーマパークがあります。いや、ありました。去年の大晦日まで。
宇宙をテーマにするっていうそのチョイスも若干意味不明で、スペースシャトルの巨大な模型と、園内に宇宙を感じさせる施設はあるものの、普通の遊園地みたいなジェットコースターと観覧車がある若干イタイ遊園地なんですよね。
ずっとそんなんだから、時代の流れによってどんどん集客が減り、何年か前にアイススケート場に凍った魚を埋め込んで問題になったり、今年で閉鎖するけど忙しくなるのは嫌だからあんまり来ないでっていうCMを作って物議を醸したり、最終日の大晦日には募金で集まった数千万のお金を全部花火につぎ込んで、スペースシャトルやジェットコースターに仕掛けた花火が凄いことになったりと、世間を本来の意味とは違う意味でお騒がせするテーマパークのイメージが、その北九州のおっちゃんにかぶってくるようでハウステンボスやディズニーランドなんかよりも、なんだか愛すべき大好きな、遊園地でした。
テレビの仕事をやってた時、吉本初の巨乳女性アイドルとロケに来て、その子がエラくボクの事を気に入ってくれたようで、撮影が終わった後スペースワールド近くのホテルに泊まったとき、「部屋においでよ❤︎」って誘われたのですが、先輩の手前と翌日のロケもあったので、彼女の部屋にはいきませんでした。その事は今でも後悔していて、あの夜行ってたら、イツてたんだろうなぁなんて今でも妄想してしまうほどです。
そんなこともありました。

そんなスペースワールドの思い出ぽろぽろ。。
元々はこの場所は八幡製鉄所の跡地で、明治維新からの日本の近代化を支えたあの八幡製鉄所ですよ。スペースワールドなき後、この土地はどう生まれ変わって行くのだろうかね。

昨日は巨大なスペースシャトルと観覧車のツーショットを見ながらそんな感慨にふけっていたという、2018年正月です。
今年もよろしくお願いします。
ありがとう、心のふるさと北九州。

さようなら、スペースワールド❤︎

 

f:id:maboo828jp:20180103123644j:image

f:id:maboo828jp:20180105081811j:image

 

 

 

 

2018初詣

初詣。
群衆に向かって走り出す幼い我が子を、後ろから静止する若くてキレイなお母さん。
「危ないから走っちゃダメ!人にぶつかったらねこうなるからね。“ベロヴィルバルダハァ〜”」って白目を剥いてリアルな死人の顔を作ってみせた後、周りの失笑に気づいて照れる感じを見て、変態なボクはひとり興奮していました。

そんな人となら再婚して子供つくって明るい家庭が築けるのになあっておもいました。

新年明けましておめでとうございます㊗️

 

f:id:maboo828jp:20180118014625j:image

今日の日記

今日は休みがとれたので東京中をいろいろ歩いてみ
ようと思いました。
中野から新宿までは定期が使えるのでそれ以外は全部歩きで移動しました。
皇居の一般公開を見てみたかったのでひたすら新宿通りを東に歩き半蔵門をめざします。
皇居の坂下門から乾門までの南北のルートが一般公開
されてるので、新宿から四谷、半蔵門まで歩き、
坂をおりて三宅坂、さらに下って法務省の建物を
見たあたりで農林水産省のオニギリが日本一うまいと
いう話を思い出して、ちょっと食べたくなってきたの
で、井伊直弼桜田門外の変でおなじみの桜田門
官庁街へと右に曲がりました。
 
左手に東京高等裁判所、右手に外務省を過ぎ向かい側
農水省が入る合同庁舎の中にそのおにぎり屋はあり
ました。入り口を入ると駅の改札機みたいなのがあり
、その向こうにおにぎり屋があるのですが、
Suicaでパスできるわけもないので、その場であたふた
してたら係員の女性が
「パスはお持ちでしょうか?」って聞いてきます。
「いや、ぼくはただ農水省の美味しいオニギリを食べ
たいだけなんです。そうなんです。はい。」
とか、もごもご言ってると、
「入り口を出て、壁沿いに歩いていただければ小窓が
あるのでそこから注文してください。」
と案内されました。
なんだよ先に言ってくれよー、って思いながらドライブ
スルーみたいな小窓を開けて、
シャケオニギリワン!って言ってあげましたよ。
味はまあまあでした。ウマいはウマいけど、、ただのオニギリなのでね、そこまでは。。

f:id:maboo828jp:20171205003834j:plain

 
 
念願の農水省オニギリをゲットして皇居に引き返して
ると、再び高等裁判所の建物の前を通ります。
そうだ、、今日平日だし、裁判傍聴できるやん、
よしゃ裁判傍聴したろう。今日は暇やし、
傍聴してみよう。と思い立ったところでで裁判所に
入り、今日の演目。。じゃないや、
本日開かれる裁判の内容表を見てると、ストーカー
被害にあった人の裁判とか、覚醒剤大麻所持、
窃盗や暴行事件の裁判の開廷時間と部屋の番号がずらり
と記された表をチェックしていきます。
一番近い時間に行われるもののなかに、
「電子計算機詐欺事件」なる文言を見つけました。
なんやそれ??
その事件が気になったので傍聴してみることにしまし
た。
 

f:id:maboo828jp:20171205003920j:plain

 
指定された法廷に入ると裁判官や検察、弁護士、
あと被告が入ってきて開廷します。
被告は四人。みんな若い。というかみんなあどけない
表情が残った幼い印象。
なぜ計算機詐欺事件という呼び方なのかは結局わかり
ませんでしたが、要するに医療費還付金詐欺でした。
つまりオレオレ詐欺です。
こんな子たちがやってるんだ、という驚きがやはり
一番にあり、驚きでした。
主犯の被告の母親らしき人が傍聴席にいて、
目からは大粒の涙をボロボロ流してました。
ああ、、なんかイヤなもの見てしまったな。
わざわざ休みの日にこんな思いになるなんて。。
気持ちが一気に重くなります。
大事に育ててきた我が子がそんな犯罪に手を染めて
刑務所行きになるなんてどんな気分なんだろうか、。
判決は懲役四年の実刑を言い渡され、被告の4人は
全員うなだれていました。
悲惨です。
まだ子供みたいな顔をした四人の若者たち。
その犯罪の裏側には巨悪が潜んでるのは見て取れる
のだけれど、そこを潰さない限りはこういう犯罪は
続くのでしょうね。。
ひとりひとりが声を震わせながら被害者への謝罪と
反省の弁を述べていくのですが聞いてると、
心が痛かったです。。
そして、
判決が出てその裁判が閉廷した後すぐに、
別の裁判官、別の弁護士、別の検察が入れ替わりで
席に着きました。
最後に二人の警備官に腕を掴まれ手錠をかけられた男
が入ってきて、被告席に着きます。
上下グレーのスウェットに茶色いゴム製のサンダルを
履き、目は虚ろ。顔が赤く紅潮してるのが酔っぱらっ
てるようにも見えるけど、ここで酒など飲めるはずも
ないので元からそんな顔色なんだろうな。
見るからに人相が悪く、霧のような悪人の空気を
あたり一面に醸し出していました。
罪名は恐喝。
検察の公訴事実の内容説明によると、被告は歌舞伎町
で風俗店の客引きの仕事をしておりキャッチした客に
、AV女優と格安で遊べるからとホテルへと案内し、
送り込んだ女性と共謀してお金を恐喝したらしいです。
被害者に210万も払わせた挙句、クレジットカードを
作らせてブランド品のバッグやアクセサリーを買わせ、
それを売り飛ばして金に換えたって。。
最悪です。
最悪って言葉は日常的によく使うのでそのホントの
意味が薄くなってる感があるのですが、
これは正真正銘の最悪。以外の何物でもない、。
しかもその被告の男は前科4犯で別の
恐喝事件の執行猶予中での犯行でした。
ヤバイです。クズです。こんな人間ホントにいるんだ
な。。
審理中はギョロギョロと傍聴席や裁判官を見回して、自分と目が合った瞬間、なんか気分が悪く吐きそうにりました。
被告と被害者はホテルで女性の陰部を触ったりした。って検察が何の感情もなく読み上げる声が耳から消えない。
人間性なんて生まれ育った環境で変化があることは理解できるのですが、恵まれない環境に生まれたとしても立派に育つ人はいるわけだし、同じ人間がこんな悪に染まっていく過程の中で環境はその要因の一つだとはわかるけど、それだけではない要因があるのかも知れない。なんて考え込んでしまいます。
その男は35才でボクとは10才離れてるのに、若々しさがなく、すでに老けていました。
刑期が終えた後もまた同じ罪を繰り返すんでしょうね。。
そんな人間も同じこの世の中に生きてるわけだ。
 
裁判所を出て坂下門から皇居の中に入り、紅葉を見ながら歩きました。
平和です。
こういう平穏な状況の目と鼻の先に巨悪を裁く場所があるなんて信じられない。
あと、
裁判官も弁護士も検察も、事務的にぬくもりを感じられない言葉で処理していく様も、印象に残りました。
一つ一つの裁判に自分の感情を入れていけば、それは持たないでしようね。
そんな理由で事務的にならざるを得ないのだろうか。
 
f:id:maboo828jp:20171205004003j:plain
 
紅葉を楽しんだ後は乾門から皇居を出て、再び半蔵門まで歩き三宅坂から国会議事堂、自民党本部、赤坂、TBSを過ぎ、東京ミッドタウン
前から食べてみたかった親子丼の「鶏三和」
激ウマでした。
 

f:id:maboo828jp:20171205004049j:plain

今まで食べた一番ウマい親子丼が「5」だとすると、「35」くらいのポイントをたたき出してました。あれなんやろ。。びっくりした。

それくらいウマかった。
食べた時間が15時頃で、歩き通しだったので腹は減ってたのですがそれを差し引いてもウマい。感動しました。ミッドタウンに行くことがあれば皆さんも是非。。

そして今日のメインイベントの猪瀬さんのオフ会へ。
ミッドタウンから西麻布まで、これももちろん歩きです。

今回は斉藤由多加さんの話が面白かった。セガから発売された当時世間の話題をさらった「シーマン」を作った斎藤さんです。
シーマンはやったことないけどね。。
話の中で、現在のソフトバンクペッパー君と当時のシーマンの製作するにあたっての類似点が多すぎて、まだこんなことやってたんだ、、という驚きがあった。と感じたということ。
シーマンもペッパー君も人間との会話を成立させてるように見えるが、結局は幾通りもの会話のパターンの予想と設定を考えてるシナリオライターがいて、時代は進化し情報の処理速度とデータ容量が膨大になったことは変わったけれど基本的にはシーマンと作り方が、ほぼ同じだということ。

斉藤さんが現在取り組んでいる、Aiの話の内容が刺激的で、、すごかった。さすがでしたね。
結局人工知能は感情を持たないので、会話を成立させるのにも様々な情報をパターン化して憶えさせて答えを導き出す。という手法は変わらないんだけど、

日本語独特の音やリズムや文節によって動詞を活用させるとその種類が500通りほどあって、。みたいな。

昔だったらその情報処理は不可能だけど、現在のAIだとそれくらいの情報量は軽く学習できるという話。
面白い。。
こういう話を聞いてると自分の感覚や脳みそがビシビシ刺激させられるのでクセになりそうです。もっと聞いていたい衝動に駆られる。

f:id:maboo828jp:20171205004153j:plain

 

f:id:maboo828jp:20171205004205j:plain

結局それを思いつくのは人間なんだな。。
AIにはモチベーションや感情、意思がないから、記憶の集積で不確かな答えを導き出すしかない。
部分的に人間にとって変われる仕事はあるのだけれど。
結局、最終的には人間なのですよ。
AIは決して万能ではない。
という思いを改めて認識しました。
 
長々とすみません。
 
そんな濃厚な1日でした。
今日歩いた距離は23.7キロ、走ったらそうでもない距離なんだけど、歩きでこの距離はなかなかなものです。
 
 

f:id:maboo828jp:20171205004220j:plain

f:id:maboo828jp:20171205004258j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

林檎の樹の下で 〜アップルはいかにして日本に上陸したのか〜

学校卒業して働いていた番組制作会社に、当時27才でボクより年上の美人でエロいお姉さんが入ってきたことがあって(ボクのことは全く相手にもしてくれませんでした)、その人はもともとジャストシステムというワープロソフト一太郎を開発した会社にいた人で、そこを辞めて転職してきたのですが、当時はマニアにしか受け入れられてなかったパソコンに矢鱈と詳しかったんですよね。

番組で使う文字テロップはその当時“スーパー屋さん”と呼ばれる紙焼きで黒い紙に白抜き文字を写植で印刷してくれる業者に発注して、写真のL版サイズくらいの紙焼きのスーパーを編集日までに作ってもらい、その紙を編集所に持ち込むというやり方で、今からすると恐ろしく面倒な行程があったのですが、そのお姉さんが編集所に自前のパワーマックを持ち込んで、マック上で打ち出された文字を映像の信号に変換してアナログの編集機に接続するとそのまま画面上に文字スーパーが再現されるというやり方を思いついて、それ以降番組編集のスーパー入れ作業が劇的に楽になったという出来事がありました。

それがボクとマックとの出会いでした。最初の入り口がMacだったのでパソコンはいまだにMac以外さわることができません。ウィンドウズは堅苦しくて使いにくい。ダメなんです。

映像にしろDTPにしろWebデザインにしろ、Macの登場がなかったら今ある形にはなってなかった事は確実に言えます。

というMac信者とは言えないまでも、Macしかさわれないこともあって、この“林檎の木の下で”という本のことは発売当初から知ってはいたのですが、なかなか手に入らないまま絶版となり、もう一生読むことはできないのだろうな~。。なんて思っていたら

あのホリエモンがこの本を新しい形で復刊するというニュースを知り、復刊記念ついでにイベントもやるというので行ってきました。

先週日曜の話なのですが。

ブログに残しておこうとおもいました。

斉藤由多加というあのシーマンを開発した人が“林檎の樹の下で”というタイトルでこの本を書き、副題が“アップルはいかにして日本に上陸したか”とされています。

 

ボクがパワーマックを初めてさわったのが95年くらいだと思うのですが、それよりもっともっと前のアップルが日本に上陸し、東レやキャノンとの提携や破談がありながら現在のアップルジャパンへと形を変えていく奮闘が描かれています。プロジェクトXみたいです。

スティーブジョブズもこの物語にもちろん出てきます。いわゆるジョブズ本は一つも読んだことがなかったのですが、ジョブズの映画を観てみたくなったので昨日DVDもみたりしました。

すごい人だったんですね。知らなかったです。

 

パワーブック、imacipod、itouch、iphone

 

全部持ってました。

iphoneX欲しいなあ。。

 

イベントには初版本の前書きを書いた猪瀬さんも来ていて、猪瀬さん、ホリエモン、斉藤さんの話が聞けて面白かった。

東京に遊びに来ていた母を、全く興味が無いのに連れて行ったら、

「猪瀬さん肌つやつやでいい男だね~」ってうれしそうでした。

 

f:id:maboo828jp:20171204011755j:plain

 

 

f:id:maboo828jp:20171204011743j:plain

弟の結婚式で佐世保

2泊3日佐世保での滞在時間約32時間。
弟の結婚式でちょっくら帰っておりました。
式当日の昨日は天気も良くて気持ちよかったです。
東京とは違って高い建物が少ないのでより空が抜けて感じられるので、帰ってきたなーって感じますねん。

佐世保へはしばらくぶりだったのですが、市街地からちょっと外れると、つぶれたままの商店や居酒屋が放置されていたり、建物が売りに出されていたり、なんとなくさびれていく感じが目立ち、そういうのを目にすると、若干落ち込んだりもします。地方にはありがちな風景なのでしょうが、やはりそういうのはね。、
政治がどうとかということではなく、そういった経過を辿っていく時代なのだろうなと感じ入ってしまいます。
久々に会う親戚のおじさんやおばさんが、お爺さんお婆さんになっていたり、母親のふとした表情に“老いたな…”って感じてしまったり。

やはりね、下向きな気持ちになってしまいます。

でもね、
2才になる甥っ子の明るい笑い声を聞いてたり、10才の甥っ子は学年で一番足が速いという自慢話を聞いたり、実家の会社の商売がうまくいってると聞いたり、母親のつくる皿うどんの味が食べるたびにレベルアップしているのを感じてしまうと、佐世保に帰ってきて良かったなーって思います。しみじみ。。

弟のお嫁さんはホントにイイ子でうれしいなあ、。
天然すぎておもしろいのだけどね、気むずかしい弟にはちょうどイイ塩梅の子です。
披露宴で新婦みずからブルゾンちえみやっちゃう感じとか、なんかめちゃ憧れるわな〜。

 

f:id:maboo828jp:20171120141148j:plain

f:id:maboo828jp:20171120141229j:plain

紅葉とおれ

来週の金曜日は年に一度の健康診断なので、先週の月曜日から禁酒を始めました。もちろんいい数値を出したいからです。
2日目、3日目くらいは酒飲まないから体調いいなあ、なんか軽いし頭痛もない、健康的やなあ。このまま金曜日まで我慢しよう。イイぞイイぞ、やればできるなオレ。オレってストイックやなあ、スゲーな。まるで力石徹みたいや、ジョーと対戦する前の超ストイックな力石徹。みたいやわ。な感じでしたが、が、が、

が、
土曜日に飲みましたね。中野のいつも入る居酒屋にフラフラっと入って席についてホッピー黒です。
いいのよ。ありのままの自分がいいの。
正直に生きよう。

そして今日は今日でおっさん3人で御岳山に登り紅葉見て、頂上でルービーごくごく。
下りてハイボール、焼酎、ワイン、でした。

そんな休日の過ごし方(*_*)

https://youtu.be/CnatmSZC-Dg

 

f:id:maboo828jp:20171113000640j:imagef:id:maboo828jp:20171113000647j:imagef:id:maboo828jp:20171113000703j:imagef:id:maboo828jp:20171113000722j:image