mabooの日記

政治の話。あほな話。ふるさと佐世保のこと。とか、いろいろ書いてます。

「ダンケルク」レビュー

これまでフィクションしか描いてこなかった、クリストファー・ノーランが初めて描く戦争映画。というか彼が事実を描くこと自体が初めてだったとは、言われてみればそうなんですね。ジャンル的にオカルト、ファンタジー、ヒーローものに限定されていたことに改めて気づかされます。

第二次大戦の始めあたり、英仏蘭の連合国軍が劣勢の戦況のなか、フランスのダンケルク海岸に追い詰められた40万人の兵士たちが軍用船、民間船でイギリスへと逃げ切ったという事実に基づいた脱出劇の物語。

市街地から海岸へと抜け、たどり着いた海岸から本国へ脱出しようとする若い英国陸軍兵士の1週間。イギリスからドーバー海峡を渡り、兵士たちの救援に向かうある民間の観覧船の1日。撤退する兵士を輸送する駆逐艦を上空から援護するイギリス空軍戦闘機パイロットの1時間。

この3つのエピソードを106分で描くという作品です。

冒頭からいきなり兵士が機関銃で打たれて死にそうになるシーンから始まり、耳を突き抜けるような銃声と空から降ってくる爆音で、観ている自分がそのままダンケルクの戦場へと放り出されたような恐怖に晒されます。

3つの物語が最後にひとつのシーンへと交錯していくという構成の妙はやはりこの監督のなせる技で、時間軸がバラバラなようだけど、ある一点に向かっていく幾つかの端緒を見つけるたびにハッとさせられました。

これまでのノーラン監督の作品はほぼ観ていて、ハズレがなかったので「ダンケルク」も必ず観に行こうと決めてました。しかもコレまでに描いたことのなかった事実を題材にした作品で、さらにそのジャンルが戦争映画だとは。

ノーラン監督はイギリスアメリカの両方の血を分けた人物で、映画監督としてあの大戦について自分なりの表現をしてみたかったのでしょう。

アメリカという国はあの大戦以降も、途切れることなく世界中で戦争をしている国。

例えば自分の家族や親戚や友人が戦争によってその命を脅かされるかも知れないという危機意識が無意識に意識されているという感覚が国民の中にあって、だからこんな映画をつくる監督が生まれてくるのだろうな、って思うんですよね。リアルに戦争(国民国家のリアリズム)に向き合ってるから過去と現在の戦争の検証を行うことを繰り返す素地があってそれを表現する監督と世界に発信する環境が整っている。

それに翻って日本映画というと。。恋愛、ファンタジー、オカルトものばかりで、劇中前の予告編を見てるとこの国は大丈夫なのかな。。って頭痛がしてくる。

それが平和だと言えるのかも知れないが、「核の傘」とかいうおかしな幻想にしがみついて、国防に関しては70年来放置し続けている日本政府の有様をみてるとやっぱりなんだろうなあって思ってしまうんですよね。。

国民国家のリアリズムは、ボクらの前の世代が経験した悲惨な戦争によって燃え尽くされてしまったのでしょうかね、。

 

しかし、スピットファイアVSメッサーシュミットの空中戦は格好良かったな〜。。

 

 

f:id:maboo828jp:20170917031030j:plain

 

 

グラチャンバレー がんばれ中田久美!ガンバレフェニックスジャパン!

危ないものでも食べてしまったのでしょうか。
食欲ゼロで強烈な腹痛に耐えながらOS1を飲みつつ、今日はスイカとバナナしか口に入れておりません。
 
プロ野球もサッカーも、スポーツはあまり見るほうではないのですが、ボクシング世界戦と全日本の女子バレーの試合だけはよく見る方です。
ユニフォームを着た長身の選手が、スピードに乗って向かってくるボールを両腕でしっかりと受け止め、上げられたトスにゆっくりと少し回り込みながら助走をつけて高い位置にまでジャンプをし、その全身と長くのびる腕をムチのようにしならせながら、矢のような鋭いスパイクを打つ瞬間。
あの一連の動きがとても美しい。
大型の水鳥が羽ばたく一瞬のような、空想上にしか登場しない空中を舞う戦士のような。鮮やかなあの動きは何度見ていても飽きることなく、見るたびに魅了されてしまう。
 
今回のブラジル、アメリカ、中国の世界トップクラスの代表チームとのグランドチャンピオンシップ三連戦。テレビで正座して観ておりました。(正座はウソです)
 
ブラジル戦は特に素晴らしかった。あの高さとパワーを兼ね備えたブラジルに2連勝って、スゴイ!
中田監督率いる全日本代表、期待しています。
 
なでしこ、さくら、フェアリーではなく、女子バレーはフェニックスジャパンという呼び方らしいですよ。
中田久美監督。イイですね〜。大好きです。
彼女が選手たちに与える影響力ってスゴいものがあるのでしょうね。選手のインタビューを聞いてたら「久美さんのために」という言葉が良く出てきます。それだけ尊敬される存在で、現役中も現在もバレーに対する思いは誰よりも強く、選手たちからしたらあこがれのヒロイン的な、神様みたいな存在なのでしょうか。
日本女子代表監督になって戻ってきてくれた。すごく注目しています。ここに至るまで、紆余曲折、苦難もあったといいます。
監督となって静かにコートに立つ姿はやっぱり絵になるし、選手が良いプレーをするとちょっと笑ったりすると自分もうれしくなる。
 
それと、
やはり彼女のあの“S”な感じがたまらなく、好きです。現役の頃からずっと見てましたが、試合中に大声で怒鳴ってる感じとか、たまらないんですよね。
久美さん「テメエこのやろ!」ってホントに言うらしいですよ。
イイなあ、オレも激しく怒られてみたいやね。。
厳しい言葉で自分の精神が犯されてしまうほどまで罵倒されてみたいという、異常な願望を抱いてしまう私はやはり変態なのでしょう。
 
いいなぁ、嗚呼。、おれも素子になりたい。。
 

金日成 金正日 金正恩

北朝鮮が核実験したってニュースが流れてます。それに対するアメリカや中国の反応が報じられてるのは周知の通りですが、
ロシアに関してはその報道がほとんどされていない。ような気がして、いろんなニュースを探してみても、あるにはあるのだがやっぱり数が少ない事に気づいた。

下にリンクを貼りました。池上さんもNHKも二つとも同じことを言ってるのだが、
北朝鮮建国の父 金日成は架空の人物で、旧ソビエト スターリンの命によって作られた指導者であるということ。

これまでの核実験の場所は中国との国境近くではあってもロシアとの国境近くでは一度もやった事がない。
黒幕はやっぱりそういう事なのでしょうか。

だとすると、旧植民地時代に横行していた超大国が小国の運命を翻弄するという悲劇が見えてくるようで、未だにあの忌まわしき歴史が続いているんだな。なんて考えてしまうんですよね。

ミサイルも核も拉致も、もちろん最悪ですが、
そうさせてしまった責任は周りの大国にもある訳で日本もそういった国の一つだと言ってしまうと怒る人もいるんやろうね。

https://youtu.be/RaRz7f9DXTc

https://youtu.be/5BKLFZxSy4Q

トリビアの泉ピン子

もう8月も終わりますね。
夏も終わり。
井上陽水の「少年時代」の歌詞は、
“夏が過ぎ風あざみ♫”
のフレーズから始まるのですが、「風あざみ」って言葉は日本語に存在しないらしく、陽水さんが雰囲気に合わせて勝手に作ったらしいんですよね。
あの人やっぱりすごいよな、そんな言葉を曲の頭に持ってくるって変わった人だなぁ。。って話。

「獺祭」って日本酒ありますよね。
なぜ獺祭なのか知ってますか?
獺はカワウソのことで、カワウソは獲った魚を食べる前に川の岩場に並べるという習性があって、その様がお祭りの露店みたいな様子だから、「獺祭」というネーミングにしたらしいですよ。

「拍車がかかる」の拍車ってなんのことか知ってますか?西部劇に出てくるカウボーイ。いますよね、彼らが履いてるブーツにはもれなく小さく尖った羽車みたいなのがついてます。アレが拍車です。拍車のついたブーツで馬を蹴ると勢いよく走り出す。「拍車がかかる」とはここからきてるという話。

虫さされの時に塗る「ムヒ」ってありますけど、あれ何でムヒなのか知ってますか?
他にも虫さされの薬は沢山あるけど、うちの商品は他のと比べようがないほど優れてる。ウチと比べられるような商品は無い。
「無比」からのムヒ。らしいです。
エラい自信持っとるね〜(*_*)

ラーメンにのってる「なると」はもともと鳴門海峡うずしおをイメージした練物なのですが、徳島ではなく富山県出身の漫画家、藤子不二雄先生が生まれ育った廃れ行く港町を何とか立て直そうとして、どさくさ紛れなのか強引なのか、なるとを、その地方の名産品とした。彼らの作品に描かれる古池さんのラーメンの上にのせたのがその始まりで、それ以前はラーメンに「なると」はのってなかった。という話。

今や一般的に誰もが使う、
「女の子とHする」はさんまさんが作った言葉。
「それはお前のさじ加減やろ。。」「サブっ、古っ、高っ!凹む」は、ダウンタウンの松ちゃんで、
「〜的な」「〜みたいな」〜部分に名詞を入れると何でも形容詞になる使い方をやり始めたのは、とんねるずのノリさん。
芸人さんが作った言葉って使いやすくて伝わりやすいんだな。って話。

オーストラリアのカンガルー。
原住民のアボリジニ語でカンガルーのその意味は。「わからない」
大陸を発見した英国人がカンガルーを初めて見たとき、原住民にあれは何だ?と聞いたら、カンガルーと答えた。英語が理解できないアボリジニは「わからない」って答えただけなのに、それ以来カンガルーになったらしいよ。

オレこんな話めちゃ好きやねん。
そういうのあったらもっと知りたいな〜(^-^)

2017年 45歳の誕生日

この前夜中に起きてトイレに行き、なかなか眠れず、なんか変なニオイがするな〜って思ったら死んだ親父のアゴの匂いが自分の枕から漂ってきたのでなんか泣きそうになりました。
ウチの親父は自分のアゴを幼かったぼくの頬に擦り付けるとぼくがとても嫌がるのがうれしいらしく、何度も楽しそうに擦り付けるのでした。
その時と同じ匂いがしました。
自分ももうそんな年なのですね。
まさか自分が45になるなんて夢にも思っもみませんでした。夢って叶うものなのですね。
DREAMS COME TRUE、、
ドリカムってヤツです(*_*)

この前プールで泳いでたら黄色と赤の鮮やかな色の水着を着た二人の若い女子が現れたのですが、ぼくはこのところ視力が激烈に落ちてて、そのボディラインやその子の肌のみずみずしさを肉眼で確認することができず、思わず更衣室に走りメガネを取りに行こうとしましたが、なんか切なくなってやめました。
ぼくにはそんな時には強力な妄想力が働くので別に見えなくても十分興奮できるのでした。
見えなくても下半身は猛り狂ってましたから。

電車に乗ってたら目の前のおばさん、いや、初老に近い女性が足を開いて座っていました。スカートからはベージュの下着がのぞいていました。。それが気になって仕方がないぼくはやはりオスなのでしょうかね。

そんな日々を暮らしています。

沢山のお誕生日おめでとうメッセージありがとうございました。

うれしいです。うれしいです。

最近ハマってる動画をどうぞ。
村上ショージ。この人最強です(*_*)

※今回のは行き過ぎてるので、別にいいね!せんでもええよ〜〜(*_*)

映画「ファウンダー」レビュー

foundの意味は「見つける」以外に「創設する」という意味もあるのね、英語の勉強になるわ。。 founderは創業者ってことで、今日はマクドナルドの創業者を描いた映画を観てきました。 マイケル・キートン主演。好きな俳優さんです。彼に対し、裏トム・ハンクス的なイメージを勝手にもってて、 昔はバットマン演ってたりしたのだけど、少しずつ二の線から三の線。から三味線的なキレイに落ちていくカーブを描くその遍歴に哀愁を感じるんですよね。
いまや胡散臭い役をやらせたらこの人の右に出る人はいないよな、、。なんて思っています。
へー、マクドナルドってこうやってできたんだ。。ってマックポテトMといつものストロングゼロのロング缶を飲みながら観ました。
マクドナルドのホントの創業者、マクドナルド兄弟のまえにレイコックというシェイクミキサーのイケてない営業マンが現れ、 その経営システムに惚れ込んで会社を乗っ取り、フランチャイズ化して大成功をおさめるという話。
マクドナルドの知られざる真実をみたようで、アメリカってなんでもありなんだな、スゲーな、。オレ争いごと嫌いだからムリやわ〜。。
でも待てよ。
これってなんだかヒーロー列伝っぽく描かれてるようだが、そこに何かしらの違和感を感じてしまう。だって乗っ取り屋の話だからね。
そのもんやりとした違和感の理由を考えてたら、多分こういう結論がでてしまった。
以下、、
アメリカの資本主義経済の病理。ビジネスの究極なまでの効率化、合理化追求の狭間で押しつぶされる個人と、ものづくりへの職人のプライド。
マクドナルド兄弟を葬ったのはアメリカ型資本主義の構造的問題であり、決してレイコックにその全てを背負わせるべきではないのではないのか? っていう疑問が描かれていないから。なのだろう。
そこまでの描写がこの映画の中でひとつの投げかけとして表現されていたとしいたら、作品にももっと深みが出て、角川シネマとかではなくピカデリーやtohoで上映できるメジャーな映画になれてたのかもな、、。
でもマイケルキートンにはそんな映画には出て欲しくないし、なんて中途半端でまとまりのつかない意見がよぎってくるのでした。
まあ、でも寝ないで最後まで観れたので面白い映画でした。

f:id:maboo828jp:20170822081805j:image

 

thefounder.jp

 

8.15に思うこと

今日は815日の終戦記念日です。
あれから72年が経つわけですね。という自分ももちろん戦後生まれで戦争体験なんて1ミリもないのですが、この日になると改めていろいろ思うところがあります。例えば日米安全保障問題や自衛隊9条についての話。
またまぼは小難しい話をしよる。とか言われるので、別に読んでもらえなくてもいいんです、今の世の中こんなこと考えてる人なんてほとんどいないだろうし、国民の大多数があの戦争や安保についてなんて興味ない事だろうから別にいいんです。
自己満足的な部分もあるので、別にいいん。です。

しかしなぜこんな事を考える様になったのかのキッカケを問われると、色々あるのですが、そのひとつが子供の頃に見てしまった森村誠一原作の映画「人間の証明」のあるシーンがそのはじまりで、他にも米軍基地のある佐世保で生まれ育ったことや、長崎が被爆地であることもその理由なのですが。。
でも、その映画全体の内容は覚えてもないし、自分にとってそこは重要ではないのですが、
あるシーンが強烈に脳みその裏側あたりに今でも残っています。
映画の舞台は戦後間もない日本のとあるどこかの基地がある街で、米兵たちが占領下の街を我が物顔で闊歩し、そこにいいる日本人の全て、商売人も元軍人も警察官もヤクザも、一般の人達みんな、米兵の一団がジープに乗って現れると静かになっていそいそと後ずさって道をゆずる。という描写がありました。あるキレイな日本人の女性が街を歩いてると米兵達に出くわし、取り囲まれます。これから一緒に遊びに行こうと、腕を捕まれ強引にどこかへ連れて行こうとするのですが、その女性は嫌がって抵抗をし、まわりの日本人に大声だ助けを乞います。でも誰も助けようとはしません。女性はさんざん抵抗した挙句、観念し連れて行かれようとするのですが、そこに一人の勇気ある男性が現れ、彼女を助けようとする。しかし体の小さい日本人ひとりvs米兵数人では敵うはずもなく、その男性はボコボコに殴られ蹴られ、最後には米兵たちに小便をかけられて道端にうずくまったまま、そして死んでしまうのでした。死んでしまうのです。
そういう酷いシーンがあって、その映画は祖母の家で二人で一緒にみていて、その時の彼女の表情をよく覚えている。
何か言葉を発していたようにも思うのですがそこは記憶がなく、ただその悲しみに満ちたなんともいえない表情をしていたことを覚えてる。

当時の祖母のことを想像すると、若く元気だった時期を過ごした戦前戦中戦後のことは、ついこの前の出来事のごとく記憶に刻まれ、ぼくには多くを語ってはくれなかったですが、敗戦後に韓国の金城(現ソウル)から幼子を二人もつれて釜山まで歩き、引き上げ船に乗って命からがら日本に帰還したことや、写真一枚だけで会った事もない軍人の男性と結婚した事や、他にも多分孫のぼくには言えないようなつらい事もあったのだろうと思います。
佐世保港の真ん中が米軍に接収され、そこに基地が出来た頃、多くのアメリカ人相手のレストランやバーやクラブで佐世保の街は賑わい、そこに祖母の畑でとれた野菜を街に売りにいった話は何度か聞いたことがあります。その時にその映画に似たような街の光景を見ていたのかもしれません。これはぼくの妄想ですが。。
高校のときに通ってた塾の先生がいて(ぼくより二回りほど年上)、その先生は子供の時に米兵が集う盛り場の近くに住んでたらしいのですが、夕方になるとどこからともなく派手な化粧と服装をした女性が現れて客引きをしていたとか、夜になって売れ残った女性は黒いパンツを履いて道端にしゃがんでた。でもよく見たらパンツなどは履いてなくて、スカートの下はなにもつけず、陰毛丸出しで、びっくりしたみたいな話を聞いたことがあります。戦後の佐世保の基地近くの街の辺りはそんな状況だったらしいです。

そんな自分の妄想と現実が入り混じったような話が頭の片隅にあったりして。
ひと昔前の佐世保の話。
ここから別の話に行きたいのですが。。

戦後から2030年ほどでこの国は奇跡的な経済発展をとげ、高度経済成長期を迎え東京オリンピック大阪万博、東洋の奇跡、所得倍増計画日本列島改造論、その後の第二次ベビーブーム世代のぼく、、、等々景気の良い言葉が並ぶわけですが、
繁栄という国民全員が共有したテーマのもと、モーレツにカネカネカネを追い求め世界第二位の経済大国まで登りつめました。今は違うけど。。
それで手に入れたものは、多額の国債と、超高齢化社会少子化に格差問題、周辺国との不協和音と正体のわからない不安感、etc。。エトセトラ。etc.それはめでたくも素晴らしいことだとは思いますがね、。
その経済に傾倒するあまり、敗戦国としての贖罪は置き去りにされ、その全てはアメリカに肩代わりさせ、それとは引き替えに沖縄を始め日本全国に米軍基地を建設できる権利や、地位協定は見直さない、制空権は米にゆだねる、米の上位軍人はパスポートナシで入国できるなどなど、日米間で数知れずの密約を重ねてきました。

その密約とは日本国憲法の上位にあり、つまり憲法より効力が強いといういびつな形となって現在にいたる。先日、江崎北方沖縄相が「地位協定は見直すべき」と発言した翌日に撤回させらたニュースがありましたが、それはこのことに起因します。そんなの変えられるはずがないのですから、、。密約ですでに決めてしまっていること。
日本と同じあの戦争での敗戦国ドイツは戦後の講和条約に賠償命令が明記されており、周辺の諸国には賠償金を支払い、何度も何度も謝り続け、冷戦期には東西分断を経験し、つらく苦しい道を歩んできたからこそ、なんとか今の地位を確保できました。

現在ドイツが積極的に中東諸国からの難民を受け入れている理由はあの戦争の償いとしての意味合いがあるそうです。いまだにそういう姿勢を貫いている。
その一方で日本は戦後の賠償も贖罪のその全てをアメリカにまかせ、経済発展だけを目標にし、過去に侵略を行った中国や韓国には表すべき贖罪意識ではなく、経済先進国としての優位性を誇示することになりました。そのため、戦後70年間経ったのに、互いの本当の意味での信頼関係を築くことができずに現在に至っています。
その結果日本は世界でただ一国だけ、国連における「敵国」という国際法上最下層の地位にとどまっているのです。

先ほど書きましたが、いまだに米軍に自由に占領されているその状況がその証拠です。こんな国は世界中探してもどこにもない。日本だけ。
アメリカの犬になってればその元で世界三位の経済大国だという夢を見ていられるのでしょうが、ひとたびアメリカから真に独立しようものなら世界で一番下の国際法的位置から出発するしかないし、そこからどうやっていいのかもわからない。

それが今の日本です。

こういうことを考えていると、三嶋由紀夫が亡くなる前に語ったあの言葉を思い出すんですよね。

「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行ったら「日本」はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。日本はなくなって、その代わりに、無機質な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済大国が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思っている人たちと、私はクチをきく気にもなれなくなっているのである。」

 

なんか眠くなってきた。もう8月16日になってもうてるやん、

寝ます。