mabooの日記

政治の話。あほな話。ふるさと佐世保のこと。とか、いろいろ書いてます。

二度目の決断は誤りです

週末はこのところ映画づいております。

今週も観に行ってました。

ついでに日本で初めて撮影された写真をみにいってました。島津斉彬って渡辺謙よりイケメンやな〜って思いました。東京写真美術館。恵比寿にあります。恵比寿は毎日通ってるのですが、休日に行くのは初めてです。いつもより華やかですね。恵比寿って仕事に行く場所ではなくて遊びに行く場所なんですよね。改めて思いました。

 

女は二度決断する」(ドイツ映画)

ダイアンクルーガーはドイツ人のハリウッド女優なのですが、今回はドイツ語を使うドイツ人の不幸な女性を演じていました。

軽くアウトラインだけ。。

普通に暮らす幸せな、とある三人家族がいるのですが、ある日、極右[ネオナチ]のテロ集団が起こした爆破事件で不幸なことに、主人公の女性が愛する夫とまだ幼い子供を失ってしまいます。悲嘆にくれながらも彼女は容疑者とされる人物に対し裁判を起こすのですが証拠不十分で敗訴。なにそれ?そうなんだ、私の思いはどうすれば晴らされるの?そんな結論になってしまうのなら、ならば私が。。みたいな話でした。

 

ダイアンクルーガー、かなり輝いていました。美しい。好きです。この作品でさらに好きになりました。ハリウッド女優なのでエンタメ系の作品で天真爛漫なステレオタイプなイメージもありつつ、時折見せる影の部分がいいよな、。なんて思ってたのですが。今作品はその影の部分を前面に打ち出してました。よかった。

雨のシーンが多くて、悲しみに暮れずっと涙をためているような表情。

 

さておき、

ドイツ、ヨーロッパ各地でおきるテロ事件って一時期日本でもよくニュースで取り扱われることがあったのだけれど、今はどうなんだろう。細かいのも含めれば日本ではメディアに載らない事件もたくさんあるんだろうな。

移民政策とそれに反する極右組織のせめぎ合い。ヨーロッパの中でもドイツが移民受け入れに寛大なのは、過去の贖罪の意味があるからなことは知っている。しかしその事がネオナチの跋扈を招いてしまう事態になるとは。。

被害を被る一般市民の状況などはニュースを見ててもその温度や空気までを読み取ることは不可能。この物語はフィクションではあっても事実を元に仕立ててあるのでこういったことってあり得ることなんだろうなと。深く思い入ってしまいます。

主人公の二度目の決断がなんともね。。

 

f:id:maboo828jp:20180422163245j:plain

 

f:id:maboo828jp:20180422163304j:plain